アドレスV125まとめ

スズキ アドレスV125シリーズの修理やメンテナンスに役立つまとめ情報

グリップ交換

time 2015/10/22

sponsored link

アドレスV125【メンテナンス】グリップ交換

【左側】スズキ純正 グリップ(左)57211-04J00-291
l
まずゴムの内側にパーツクリーナーを多めに噴射して接着剤を溶かします。
あとはグリグリ動かせばスポッと抜けます。


【右側:アクセル側】スズキ純正 グリップスロットル(右)57110-04J00-291
r
アクセル側はゴムのみの交換ではなくスロットルコーンごと交換するタイプです。

赤丸の部分を分解すると交換できます。

p2

p4

 

 

ゴムのみ交換したい時は左側と同じようにパーツクリーナー噴射で外れますが、

純正コーンは特殊な形状なのでデコボコを削らないといけません。

r2

ヤスリなどでデコボコを削るよりも、スロットル丸ごと交換したほうがラクだと思います。

 

純正パーツ以外にも、15%ハイスロになる社外品もあります。

キタコ(KITACO) スーパースロットルパイプ [品番] 901ー2416900 [アドレスV125 ]
901-2416900

アクセル開度が小さくなるので、長距離走行時に手が疲れにくくなります。

sponsored link

おすすめパーツ

カスタム

型式別レビュー

新旧アドレスの違い

管理人

アドレスV125まとめ

アドレスV125まとめ